スパイス系 エッセンシャルオイル

スパイス系 エッセンシャルオイル

スパイス系のエッセンシャルオイルは、スパイスの種子から抽出される精油で、スパーシー(まんま、ですが)な香り特徴です。プレジャーでは、4種類のスパイス系エッセンシャルオイルをご用意しています。

 

1.ブラックペッパー

【Black Pepper】

グラインダーで挽きたてのペッパーの香り

【原産国】インド
【学名】Piper nigrum
【科名】コショウ科
【抽出部位】
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【フレグランスノート】ミドルノート
【香りの強弱】
【ブレンド相性】バジルスイート、ベルガモット、サイプレス、グレープフルーツ、レモン、サンダルウッド
【一般的に言われている作用】
スパイシーな刺激で心を強くする効果
スタミナと情熱を回復させる効果
Hな気分を盛り上げる効果
【プレジャーの、おすすめブレンド】
パチュリー(4)+クラリセージ(3)+ブラックペッパー(3)

スパイシーでコクのある香りがHな気分を盛り上げます。

 

2.ジンジャー

【Ginger】

生姜のピリっとスパイシーなさわやかな香り

【原産国】フランス
【学名】Zingiber officenalis
【科名】ショウガ科
【抽出部位】
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【フレグランスノート】トップ〜ミドルノート
【香りの強弱】
【ブレンド相性】オレンジスイート、シナモンリーフ、スペアミント、ゼラニウム、ユーカリ、ライム、レモン、ローズマリー
【一般的に言われている作用】
五感を鋭敏にする効果
沈んだ気持ちを奮い立たせる効果
気分を落ち着かせ記憶力を高める効果
【プレジャーの、おすすめブレンド】
ジンジャー(3)+スペアミント(3)+ライム・コールドプレスト(4)

心身の疲れを取って、シャキッとした気分になります。

 

3.ナツメグ

【Nutmeg】

インドネシア原産。樹高15メートルまで成長する熱帯の木。料理でもお馴染みのスパーシーな香り

【原産国】インド
【学名】Myristica fragrans
【科名】ニクズク科
【抽出部位】種子
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【フレグランスノート】ミドルノート
【香りの強弱】中〜強
【ブレンド相性】ラベンダー、クラリセージ、ローズゼラニウム、ローズマリー、プチグレン、オレンジ
【一般的に言われている作用】
神経疲労を和らげるリフレッシュ効果
腹部の膨張感をやわらげ、消化を促進する効果
Hな気分を盛り上げる催淫効果
【プレジャーの、おすすめブレンド】
ライム・コールドプレスト(4)+ナツメグ(3)+ラバンジン・グロッソ(3)

気分を明るく、元気にするとともにリラックスした、少しHな気分に。

 

4.アジョワン

【Ajowan】

セリ科の一年草でインド料理に欠かせないスパイスです。ツンとしみわたる爽快感のある香り

【原産国】インド
【学名】Trachyspermum copticum
【科名】フトモモ科
【抽出部位】ハーブ(葉と花の先端部)
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【フレグランスノート】トップノート
【香りの強弱】
【ブレンド相性】タイム、パセリ、クラリセージ
【一般的に言われている作用】
精神的ストレスをやわらげ、爽やかな気分になる効果
嫌な臭いを抑えるデオドラント効果
消化不良や腹部膨張感を解消する効果
【プレジャーの、おすすめブレンド】
アジョワン(3)+タイム(3)+ベルガモット(4)

気分を爽快にして、元気になれる香りです。

関連ページ