女性経験人数について | SEXのコツとテクニック

女性経験人数について

Hのスキルは『志』×『知識』×『経験人数』どれかゼロなら、全部ゼロ

男性の【Hのスキル】は、女性経験人数に比例します。女性はひとり、ひとり気持ち良くなる場所、速度、強さが違います。様々なパターンを経験することによって、対応可能範囲が広がります。
男性メンバーの面接、女性経験30人以下で、「僕は今まで、イカせなかったことはありません!」と豪語する男性がたまにいます。私が経験2000人で初イキ率75%。4人に1人は必ずミスって申し訳なく思っているのに、経験30人以下で100%はスゴイ!(ただし、本当ならね)で、実際に一緒にプレイすると、女性が「しーん・・・」(ま、こんなもんでしょう。やっぱり。)おそらく、今まで「イッたでしょ?」「イッたでしょ?」と女性に「イったフリ」を強要してきたのだと思います。
さらに、経験人数が多いだけでも、内容が伴わなければダメ。そこそこイケメンで「女性経験100人」の新人メンバー、Hデビューに担当で立ち会いましたが、自分の好きなように腰を振っているだけで、女性は「しーん・・・」 入会時の女性経験1ケタ。30回参加で経験40人の男性メンバーの方がよほど上手です。「自分が出せばいい」だけのHだと、何百人しても上手にはならないようです。
Hのスキル = 『志』 × 『知識』 × 『経験人数』
『志』は、女性を気持ち良くしたいという気持ち。「自分さえ出せばいい」ならゼロ。
『知識』は、Hの方法についての正しい知識。アダルトビデオのマネなら、女性は痛いだけ。

かけ算ですから、どれかひとつがゼロなら、他の数値が高くても、結果はゼロになります。
初対面の女性を【1回目】で気持ち良くするのは難しいことです。女性は男性に比べて、繊細で複雑です。プレジャーの男性メンバーの場合には、初対面の女性を限られた時間内で、気持ち良くできなければなりません。1回目の参加で気持ち良くなければ、2回目は無いからです。私も一生懸命に指導していますが、かなり時間はかかります。『志』の低いインチキな男性はすぐに辞めてしまうので、なかなか男性メンバーが増えません。
と、ここまでの【Hのスキル】は「たくさんの女性と楽しみたい」という男性の話です。彼女や奥様を気持ち良くするために、女性経験人数は必要でしょうか?答えは【NO】です。全く必要ありません。大切な彼女や奥様を「気持ち良くしてあげたい!」という『志』さえあれば、それだけで充分です。なぜなら、彼女や奥様なら【1回勝負】ではないからです。彼女や奥様は「Hがしたい」だけで一緒に居るのでしょうか?そうではないハズ。「優しさ」「男らしさ」「誠実さ」・・・全部ひっくるめて「好き」だから一緒に居るのではないでしょうか。「H」は大切な要素ですが、全てではありません。1回目のHが上手くいかなくても、10回、100回、いくらでもチャンスがあります。「好き」という気持ちは、とてつもなく大きいです。【Hのスキル】が同じなら、おそらく何倍も、何十倍も「気持ちいい」「自分の好きな人が、自分のために一生懸命にしてくれている!」この感動に、中途半端なテクニックが勝てるワケがありません。
彼女や奥様【だけ】を「気持ち良く」できれば良い男性。女性経験人数は不要です。こちらの内容(『知識』)を参考にしていただいて、一生懸命(『志』)にすれば、必ず喜んでもらえます。

 

元ネタ 女性経験人数について


関連ページ

はじめに | SEXのコツとテクニック
「気持ちいい?」って聞かないで
ローションは必需品!
痛くしたら、終了!
奥まで突かないで!
激しくするのは最後だけ
深爪は必須、指ピストンはNG!
潮吹きって、いいの?
ペニスの大きさについて
早漏について
ルックスについて
自信について
Hのマニュアル
スキル・アップ
連射インターバル短縮法
「おねだり」されてますか?
「おもてなし」の心
精神的快感は絶大
さわり方 皮膚への力加減
さわり方 粘膜への力加減
さわり方 局部以外の場所
さわり方 局部&くすぐったい対策
さわり方 使用部位と同時多方面
舐め方 使用部位と加減
舐め方 耳・首・首筋
舐め方 肩・腕と自習の重要性
舐め方 お腹・背中
舐め方 お尻・脚
舐め方 大切な場所
指技 準備段階
指技 偵察段階
指技 清掃作業
指技 ポイント・サーチ
指技 半力モード
指技 通常モード
指技 コンビネーション
P挿入 硬度可変スキル
ペニス挿入 初回挿入
体位 女の子に喜ばれる体位
体位 ポイント・サーチの体位
体位 正常位での提案
体位 後背位(バック)での提案
体位 騎乗位での提案
体位 その他の体位
開発 Hの相性
開発 イクという状態
開発 イケるポイント【探索】
複数プレイのコツ その1
複数プレイのコツ その2
複数プレイのコツ その3
複数プレイのコツ その4