ルックスについて | SEXのコツとテクニック

ルックスについて

受け入れた上で、他の要素を伸ばすことに全力!

ルックスについてのコンプレックスを持つ男性も多いと思います。何を隠そう、私もそのひとり!まあ、コンプレックスというより、完全にあきらめてるので、悩んじゃいませんが(笑) 20代の頃は少しはイケてたようですが、今やごく普通の「おじさん」です。人間は誰でも年を取る。この現実は受け入れるしかありません。女性は美人が有利。男性はイケメンが有利。これは、間違いない事実です。プレジャーでもイケメンの男性メンバーは、特に上手くなくても、参加女性に喜ばれるので、昇進がやたらに早いです。(うーん、うらやましい!)ルックスや身長は努力しても、どうにもなりません。どうしても、ルックス的な有利さを手にいれたいなら・・・『整形する』これ以外にはありません。どうしようもないことは、受け入れること、悩まないことです。他の要素でカバーすることに、全力を尽くしましょう!
【清潔感をたもち、身だしなみを整えること】
説明の必要もありませんが・・・不潔・不衛生が好きな女性はまずいません。
【体型を維持すること】
顔や身長はどうにもなりませんが、体型は努力で改善可能です。極端に言えば「飯、食わなきゃ、痩せます!」(私の危険なダイエット)プレジャーでは、お腹の出た男性はメンバーとして採用しませんし、もし、入会後にお腹が出たら、引っ込むまで参加禁止です。だって、自分がブヨブヨのお腹なのに「スタイルの良い女の子が好き」って、参加女性をナメてません?
【スキルを身につけること】
これは、Hに限定しません。Hのスキルを身につけるには、かなりの時間がかかります。(初対面の女性に1回目で喜んでもらう場合ですが)
「会話能力」も重要です。明るい性格で、お話が楽しいと、それだけで喜ばれます。ルックス普通+H普通でも「お話が楽しくて、イイ!」と会話能力だけで昇進した男性メンバーも過去数人います。
そして、おすすめはアロマテラピー・オイルマッサージ。ほとんどの女性は「アロマテラピー」が大好き。そして、「オイルマッサージを受ける」のが大好きです。Hに比べれば、驚くほど短時間で身につけることが可能。正規にスクールに通うと数十万円かかりますが、彼女や奥さまにするのなら、アロマの本やマッサージの解説DVDを買って、それを2人で見ながら「どうすれば気持ち良いマッサージができるか」研究しましょう。自分のために一生懸命にオイルマッサージをしてくれる彼氏や旦那様。ルックスなんかどうでもよくて「手放したくない男性」と思ってもらえるのでは?
20代はルックス・体力のみでイケイケ。
何の努力をしなくても通用する時代。でも、ここから将来に備える男性はパーフェクトですね。
30代も前半なら、少し衰えを感じながらも、まだイケるでしょう。
20代の時と比べると「あれ?」ってことがパラパラ。40代まではまだ時間があるので、充分に間に合います。
30代後半になってくると、自分でも「?」になってきて・・・
「あれ?」がしょっちゅう。スキルを身につけるなら急がないと!40代はもう目の前・・・
40代になると、よほど努力をしていない限り、ヤバイ領域に。

何の努力もせずに、ルックス・体力に頼ってきた男性は終了でしょうね。
ルックス・体力は30代まで。スキルは身につければ一生もの。がんばりましょう!

 

元ネタ ルックスについて


関連ページ

はじめに | SEXのコツとテクニック
「気持ちいい?」って聞かないで
ローションは必需品!
痛くしたら、終了!
奥まで突かないで!
激しくするのは最後だけ
深爪は必須、指ピストンはNG!
潮吹きって、いいの?
女性経験人数について
ペニスの大きさについて
早漏について
自信について
Hのマニュアル
スキル・アップ
連射インターバル短縮法
「おねだり」されてますか?
「おもてなし」の心
精神的快感は絶大
さわり方 皮膚への力加減
さわり方 粘膜への力加減
さわり方 局部以外の場所
さわり方 局部&くすぐったい対策
さわり方 使用部位と同時多方面
舐め方 使用部位と加減
舐め方 耳・首・首筋
舐め方 肩・腕と自習の重要性
舐め方 お腹・背中
舐め方 お尻・脚
舐め方 大切な場所
指技 準備段階
指技 偵察段階
指技 清掃作業
指技 ポイント・サーチ
指技 半力モード
指技 通常モード
指技 コンビネーション
P挿入 硬度可変スキル
ペニス挿入 初回挿入
体位 女の子に喜ばれる体位
体位 ポイント・サーチの体位
体位 正常位での提案
体位 後背位(バック)での提案
体位 騎乗位での提案
体位 その他の体位
開発 Hの相性
開発 イクという状態
開発 イケるポイント【探索】
複数プレイのコツ その1
複数プレイのコツ その2
複数プレイのコツ その3
複数プレイのコツ その4