スキル・アップ | SEXのコツとテクニック

スキル・アップ

Hのスキルアップには、複数プレイが最適

この情報は、彼女は奥様だけを大切にしたい男性には不要。いろいろな女性と楽しみたい、喜ばせたいという男性が対象です。
「Hのスキル・アップにはどうするのが一番ですか?」と聞かれたら、私は迷わずに「複数プレイ」と答えます。正確には【自分よりスキルが上の人との複数プレイ】です。なぜなら、私自身がそうだったので・・・ プレジャー設立前に、あちこち遊びにいっていた時期、参加している女性陣よりも、むしろ男性陣をチェック。「誰が一番経験豊富そうか? 上手そうか?」なるべく、その男性の近くでプレイするようにして、密かに観察。男性の「体位・体制・角度・速度」と、その時の女性の「反応」。自分の番が回ってきた時は、同等かそれ以上の反応を引き出せるよう努力。もちろん、質問すれば親切に教えてくれるイイ人もたくさんいました。私の現在のスキルは、名も知らない多数の先輩方のおかげです。
日本全国に複数プレイの場所はたくさんあります。女性にお金が出ている(仕込み)所は風俗と同じでスキル・アップになりませんので、それ以外のところを探しましょう。最近は、女性にお金が出ていない同好の集まりでも、人数が多いと警察の手入れがあるようです。(四国で同好サークルの人が捕まってた)参加者を限定して、鍵のかかる場所でするなら、「不特定多数」の「公然わいせつ」にならないハズなのですが・・・ 注意した方が良いかも。プレジャーは女性は1名のみ。男性は2人か3人なので、さすがに「不特定多数」とは言われないと思います。
Hのスキルとは、どれだけ「女性を気持ち良くできるか?」
あらゆるスポーツや習い事(習字・英会話・ピアノ・料理etc)も同じですが、スキル上達のためには、現在の自分の実力・能力を把握した上で、正しい方向での努力を積み重ねること。そのためには、いい「お手本」が必要不可欠。
まずは、現在のスキル・レベルを確認することが重要なのですが、1対1のHでは、自分のスキル・レベルを確認することは不可能です。比較対象が無いのですから、その女性の気持ち良さを充分に引き出せているかの判断ができません。「まあ、こんなもんかな???」では、工夫のしようがありません。自分よりスキルが上のの人と3Pをすれば、女性の反応が自分の時とは【違う】ことを明確に認識できます。「お手本」があれば、正しい方向が見えてきます。同等かそれ以上の反応を引き出せるように努力・工夫すること。そして、わからないことがあったら、親切に教えてくれる先生なら、最高ですね。同等以上の反応が引き出せたなら、その先生のレベルはクリアです。より上手な次の先生を探して、越えられるように・・・ まさに到達点のない「道」ですね。私は時間切れが近く、残念ながら極めることはできなさそうです。【志】のある若者に期待してます!

 

元ネタ スキル・アップ


関連ページ

はじめに | SEXのコツとテクニック
「気持ちいい?」って聞かないで
ローションは必需品!
痛くしたら、終了!
奥まで突かないで!
激しくするのは最後だけ
深爪は必須、指ピストンはNG!
潮吹きって、いいの?
女性経験人数について
ペニスの大きさについて
早漏について
ルックスについて
自信について
Hのマニュアル
連射インターバル短縮法
「おねだり」されてますか?
「おもてなし」の心
精神的快感は絶大
さわり方 皮膚への力加減
さわり方 粘膜への力加減
さわり方 局部以外の場所
さわり方 局部&くすぐったい対策
さわり方 使用部位と同時多方面
舐め方 使用部位と加減
舐め方 耳・首・首筋
舐め方 肩・腕と自習の重要性
舐め方 お腹・背中
舐め方 お尻・脚
舐め方 大切な場所
指技 準備段階
指技 偵察段階
指技 清掃作業
指技 ポイント・サーチ
指技 半力モード
指技 通常モード
指技 コンビネーション
P挿入 硬度可変スキル
ペニス挿入 初回挿入
体位 女の子に喜ばれる体位
体位 ポイント・サーチの体位
体位 正常位での提案
体位 後背位(バック)での提案
体位 騎乗位での提案
体位 その他の体位
開発 Hの相性
開発 イクという状態
開発 イケるポイント【探索】
複数プレイのコツ その1
複数プレイのコツ その2
複数プレイのコツ その3
複数プレイのコツ その4