舐め方 肩・腕と自習の重要性 | SEXのコツとテクニック

舐め方 肩・腕と自習の重要性

舐めは、お風呂で自習しましょう!

 

鎖骨
鎖骨の上側(首の付け根)にはツボがあります。また皮膚が薄く敏感な場所。舐める時は、鎖骨全体を唇も使って舐めながら、舌でツボを押すように。
肩・腕
唇と舌全体を使って、広い面積をカバーする舐め方と舌先だけ使う舐め方を両方試してみましょう。反応を見ながら「最弱→強」へ。肩や腕も開発の仕方次第でものスゴイ性感帯になることも。昔、腕だけでイケる女性がいて、びっくりしたことがあります。

脇の感じやすい部分。皮膚の薄い、敏感でデリケートな部分なので、やさしく。さわるとくすぐったくても、舐めると気持ち良いことも。
肘の内側
肘の内側の血管が出ている場所も感じやすい場所。ここも脇同様、デリケートな部分なので、やさしく。

手の甲の部分、指を1本、1本、しゃぶる。指と指の間も喜ばれます。

 

【自習の重要性】
舐めは、お風呂に入った時に自習しましょう。自分で自分の体を舐めるのです。(良く洗ってからね!)力加減を調整しながら、しゃぶったり、甘噛みしたり、吸ったり、舌の使い方をいろいろと変えながら。自分の体で試せることは、手間を惜しまずに自習することが重要です。男性の体は女性ほど敏感ではありませんが「こう舐めたら、気持ちよい」「こう舐めたら、イマイチ」などの感覚はつかめます。「自分の体の舐められる部分は全部舐めてみる」この自習は、料理で言えば「味見」なんです。料理は、味付けをしたら、他の人に食べてもらう前に自分で「味見」します。味が薄ければ足すし、濃ければ薄める。「これなら、大丈夫!」と確認してから、他の人に出しますよね?「味見」しないで、マズイもの出したら・・・ 嫌われます!耳や首や背中などは、人体の構造上、自分で舐めるのは不可能ですが、手や足なら自分でも舐められる。「味見」ができるのです。この陰の努力の積み重ねは、必ず【女の子の笑顔】につながりますよ。

 

元ネタ 舐め方(その3)


関連ページ

はじめに | SEXのコツとテクニック
「気持ちいい?」って聞かないで
ローションは必需品!
痛くしたら、終了!
奥まで突かないで!
激しくするのは最後だけ
深爪は必須、指ピストンはNG!
潮吹きって、いいの?
女性経験人数について
ペニスの大きさについて
早漏について
ルックスについて
自信について
Hのマニュアル
スキル・アップ
連射インターバル短縮法
「おねだり」されてますか?
「おもてなし」の心
精神的快感は絶大
さわり方 皮膚への力加減
さわり方 粘膜への力加減
さわり方 局部以外の場所
さわり方 局部&くすぐったい対策
さわり方 使用部位と同時多方面
舐め方 使用部位と加減
舐め方 耳・首・首筋
舐め方 お腹・背中
舐め方 お尻・脚
舐め方 大切な場所
指技 準備段階
指技 偵察段階
指技 清掃作業
指技 ポイント・サーチ
指技 半力モード
指技 通常モード
指技 コンビネーション
P挿入 硬度可変スキル
ペニス挿入 初回挿入
体位 女の子に喜ばれる体位
体位 ポイント・サーチの体位
体位 正常位での提案
体位 後背位(バック)での提案
体位 騎乗位での提案
体位 その他の体位
開発 Hの相性
開発 イクという状態
開発 イケるポイント【探索】
複数プレイのコツ その1
複数プレイのコツ その2
複数プレイのコツ その3
複数プレイのコツ その4