舐め方 大切な場所 | SEXのコツとテクニック

舐め方 大切な場所

舐めの総仕上げです。焦らず、ていねいに。


女性によって強さの好みが一人一人違います。揉まれるのが好きな女性なら、強めの刺激が好みですから、広い面積で吸ったり、唇だけで噛んだり、場合によっては、歯を当てても喜ばれるかも。やさしくが好きなら、舌だけで周辺部から乳首に向かって渦巻き状に中央部に。
乳首
こちらも、強さが微妙です。まずは、舌先で軽くつついてみる。次に舌先で円を描くようにころがしてみる。これだけで、反応が充分に出るようなら、強くすると痛がられるかもしれません。反応が薄ければ、舌全体で押しながら舐めてみる。吸ってみる。さらに、上下の唇で乳首を挟みながら、先端部を舌先で舐める。強い刺激が好みなら、上下の歯で甘噛みしながら、舌先で舐めても喜ばれるかも。その女性と初めてのHの時には弱めが基本です。痛くして冷めたら台無しなので。Hの途中で指で刺激するチャンスもあるでしょうから、どのくらいの強さが好きか聞くのが早いかも「強くても、痛くない?(好き?)」と
太もも内側
いよいよ、重要な部分に突入します。太もも内側は敏感な性感帯。舌先or舌全体でやさしく、ゆっくりと。強い刺激が好みの女性は少ないと思います。充分に「じらし」ましょう。右の太もも内側を中心部に向かって、ゆっくり舐め上げたら、中心部には息を軽く吹きかけるだけで、左の太もも内側にジャンプ。左からも同様で。
足の付け根
こちらも敏感な部分ですから、やさしく舐め上げるのが基本になりますが、穴の横にあるツボだけは舌先を硬くして押すのも効果的。アナルの横から始めて太もも半周分の範囲を舌先で。
アナル
女性によっては嫌いな場合もあります。嫌がられたら、即、中止。ので注意です。反応を見ながら、舌先でつつく、やさしくペロペロ、激しくしやぶりつくetc
性器
クリトリスだけ狙わないこと。大陰唇、小陰唇、入口と粘膜は全て性感帯です。「じらしの原則」から、クリは最後。大陰唇、小陰唇をしっかり舐め上げる。唇だけで挟む。など、緩急をつけながら、いろいろな舐め方でバリエーション豊かに。入口への舌先の出し入れでは、顔の位置を調整して、鼻の頭で軽めにクリを刺激すると喜ばれます。クリは包皮の上からやさしくスタート。反応を見ながら、出力追加です。
この時に使える技をふたつ。
低周波法舐めながら「うー」と低くうなって。唇を振動させる。ローターのように強い振動を与えるのは無理ですが、微妙な振動が股間全体に広がります。(自分で手の甲にしてみると、肘まで振動が伝わります)さらに、反応が大きくなってきて、強めの刺激でも大丈夫なようなら・・・
バキューム法フェラに吸い込みながらしゃぶるバキューム・フェラがあるように、クンニにもクリを吸い込みながら舐める方法があります。クリ周辺を唇でしっかりシールして軽く息を吸い込みます。強すぎないよう注意!(自分の手の甲で練習できますよ)クリ全体が引き出されますので、舌で刺激します。この時にわざとシールを一部開ければ、「ジュルジュジュー」という音と振動を加えることができます。この音で燃える女性もいます。
プレジャーのイベントでは、ここまで丁寧には舐めていません。全身を丁寧に舐めると、それだけで1時間-2時間。イベントの時間が限られていますので、他の開発ができません。1対1で充分に時間がある場合や挿入後に長時間もたない場合には、しっかり舐めてあげることで、すごく喜んでもらえると思います。舐めは【誠意の象徴】です。たくさん舐めて、喜ばせてあげてください!

 

元ネタ 舐め方(その6)


関連ページ

はじめに | SEXのコツとテクニック
「気持ちいい?」って聞かないで
ローションは必需品!
痛くしたら、終了!
奥まで突かないで!
激しくするのは最後だけ
深爪は必須、指ピストンはNG!
潮吹きって、いいの?
女性経験人数について
ペニスの大きさについて
早漏について
ルックスについて
自信について
Hのマニュアル
スキル・アップ
連射インターバル短縮法
「おねだり」されてますか?
「おもてなし」の心
精神的快感は絶大
さわり方 皮膚への力加減
さわり方 粘膜への力加減
さわり方 局部以外の場所
さわり方 局部&くすぐったい対策
さわり方 使用部位と同時多方面
舐め方 使用部位と加減
舐め方 耳・首・首筋
舐め方 肩・腕と自習の重要性
舐め方 お腹・背中
舐め方 お尻・脚
指技 準備段階
指技 偵察段階
指技 清掃作業
指技 ポイント・サーチ
指技 半力モード
指技 通常モード
指技 コンビネーション
P挿入 硬度可変スキル
ペニス挿入 初回挿入
体位 女の子に喜ばれる体位
体位 ポイント・サーチの体位
体位 正常位での提案
体位 後背位(バック)での提案
体位 騎乗位での提案
体位 その他の体位
開発 Hの相性
開発 イクという状態
開発 イケるポイント【探索】
複数プレイのコツ その1
複数プレイのコツ その2
複数プレイのコツ その3
複数プレイのコツ その4