開発 イケるポイント【探索】 | SEXのコツとテクニック

開発 イケるポイント【探索】

女性が「中でイク」ためには、ポイントを正確に探し出すこと

 

女性が「中でイク」ためには、イケるポイントを【正確に探し出す】こと、さらにイケるポイントに【最適な強さの刺激を与える】ことの2つが必要になります。

 

「潮吹き」のポイントは場所が決まっているので、探す必要が無くて簡単なのですが「イケるポイント」は女性一人、一人異なります。
ここに開発の難しさがあります。

中には、最初から「イケるポイント」の範囲が広い女性もいます。プレジャーでは処女の方が過去18名参加していますが、その内5名は「その日に初イキ」ができました。図のP5の範囲の中なら、どこに当たっても「イケる」というイキ易い体質だったと考えられます。
女性経験が豊富でない普通の男性とSEXをしても「中でイケる」という女性は、同様に「イケるポイント」の範囲が広い、イキ易い体質なのだと思います。特に開発の必要はありません。

 

「中でイッタことが無い」という女性は「イケるポイント」の範囲が狭い可能性が高いです。これも個人差が大きいです。P3の範囲なら、ある程度の探索能力を持つ男性になら見つけてもらえるかもしれませんが、P1の中心部ピンポイントとなると、相当の探索能力が無いと見つけるのは難しくなります。
私が初対面、初回のSEXでピンポイントの探索に自信が持てるようになったのは女性経験1000人を超えてから。経験100人や200人程度では、どうにもなりません。(自称「俺は上手い」という男性は多いようですが)
一般の男性が女性経験1000人を目指すには、人生捨てる覚悟が必要ですから、おすすめしません。

 

奥様や彼女が相手なら、1回だけでなく、10回でも100回でもチャンスがあります。無理に初回で見つけようと焦る必要はありません。
根気良く「探す努力(ペニス挿入 ポイント・サーチ)」を続けると共に、以下の「イケるポイント」範囲を広げる方法を実行してください。

 

【精神的快感の活用】
何度も書きますが「好きな相手」とする時には、快感が何倍にもなります。「恋愛感情の無い相手」とする時には「イケるポイント」がP1の範囲でも、「大好きな彼」とする時にはP2に広がるかもしれません。SEXの時だけではなく、普段から彼女や奥さまを大切にしてあげてください。優しくしてください。喜ぶことを考えてたくさんしてあげてください。「この人、死ぬほど好き」と思ってもらえたなら、何もしなくてもP5かも。小手先のテクニックは不要です。

 

【クリトリスでたくさんイッテもらう】
中に比べれば、クリでイクことは簡単です。ていねいに時間をかけて舐める、触る。医学的根拠はありませんが、私の経験上、クリでイった回数が多いほど、中もイキ易くなります。クリでイクことを重ねることで、中で「イケるポイント」の範囲を拡大できると思います。

 

【SEX回数を増やす】
中でイケなくても、それなりに気持ち良ければ「好きな相手とのSEX」は楽しいハズ。1回より10回、10回より100回、回数を重ねれば、重ねるほど、確実に感じやすくなって「イケるポイント」も広がります。
ていねいに愛撫をして、痛くしないように気をつけて。イケなくても、女の子に「したいな」と思ってもらえるようになれば、いつ誘ってもOKですから、回数が増えます。

 

時間がかかればかかるほど、達成した時には愛が深まると思います。
焦らず、決してあきらめず(あきらめたら、そこで試合終了(Ry)
がんばってください!


関連ページ

はじめに | SEXのコツとテクニック
「気持ちいい?」って聞かないで
ローションは必需品!
痛くしたら、終了!
奥まで突かないで!
激しくするのは最後だけ
深爪は必須、指ピストンはNG!
潮吹きって、いいの?
女性経験人数について
ペニスの大きさについて
早漏について
ルックスについて
自信について
Hのマニュアル
スキル・アップ
連射インターバル短縮法
「おねだり」されてますか?
「おもてなし」の心
精神的快感は絶大
さわり方 皮膚への力加減
さわり方 粘膜への力加減
さわり方 局部以外の場所
さわり方 局部&くすぐったい対策
さわり方 使用部位と同時多方面
舐め方 使用部位と加減
舐め方 耳・首・首筋
舐め方 肩・腕と自習の重要性
舐め方 お腹・背中
舐め方 お尻・脚
舐め方 大切な場所
指技 準備段階
指技 偵察段階
指技 清掃作業
指技 ポイント・サーチ
指技 半力モード
指技 通常モード
指技 コンビネーション
P挿入 硬度可変スキル
ペニス挿入 初回挿入
体位 女の子に喜ばれる体位
体位 ポイント・サーチの体位
体位 正常位での提案
体位 後背位(バック)での提案
体位 騎乗位での提案
体位 その他の体位
開発 Hの相性
開発 イクという状態
複数プレイのコツ その1
複数プレイのコツ その2
複数プレイのコツ その3
複数プレイのコツ その4