複数プレイのコツ その1 | SEXのコツとテクニック

複数プレイのコツ その1

男性がいると、不能のなるのは普通

 

【他に男性がいると硬くならない!】
複数プレイの第一関門。女性と1対1なら問題が無いのに、他に男性がいると「不能状態」に。これは、普通です。Hは女性とするもので、男性とするものではありませんから。男性の裸を見て、硬くなる人は「その筋」のお方・・・私も最初に複数プレイに参加した時はまるでダメでした。当時は、まだ若くパワー系だったし、自信信満々でしたが、息子が全く反応しないという、人生初の大トラブルにかなり凹みました。中には最初から大丈夫な男性もいますが、少数派だと思います。大丈夫な人の例学生時代に体育会系で「毎日みんなで風呂に入る」など、男性の裸を見慣れている&自分の裸を他の男性に見られることに慣れている。性格が豪快な人。ストリップの舞台に喜んで上がれる人。(私には無理)悪く言えば、ずうずうしい人(笑)これから複数プレイの世界に入ろうとしている男性のみなさん。数回は不能状態になることを、覚悟しましょう。
【ED治療薬の使用】
1回参加して「不能状態」なら、ED治療薬の使用を検討するのも良いと思います。
注意点としては、常用を避けること。あくまでも複数プレイの時のみ、そして環境に慣れるまで。使わなくても硬くなるなら、それに越したことはありません。健康食品ではありませんからね。
自分で病院・クリニックでもらうこと。
ネットで個人輸入はニセモノをつかまされることもあるようです。また、薬事法の対象なので、お医者さん以外からもらうのは違法行為です。診察は簡単ですから、必ず自分で行きましょう。
3種類、合う合わないがあるようですから、1種類1個ずつ順番に試して、自分の体質に合うモノを見つけてから、数をそろえると経済的です。
【慣れるのが基本】
ED治療薬を使っても厳しい場合。この問題には、他に特効薬はありません。ユンケル飲んでも、ニンニク食べても、筋トレしても無駄です。精神的な問題なので、他の男性の居る環境に体と脳を慣らす他ありません。一度、できるようになれば「何でダメだったんだろ?」と不思議なほど
克服するコツは間隔を空けないこと。
これは、自転車の練習と似ていると思います。個人差はありますが、自転車が乗れるようになるには一定の練習時間が必要です。毎日2時間の練習をして4日間(所要時間8時間)で乗れるようになるとします。この人が週1回の練習だと、4回で乗れるようになるでしょうか?月1回だとしたら?前日のことなら、体と脳が良く覚えていますが、1週間前だと少し怪しい。1ヶ月も前だと、ゼロからやり直しに近いかもしれません。間隔が空けば空くほど、どんどん所要時間が増えることになります。前回の練習を体と脳が忘れない内に、次の練習に入ることが重要です。一度、ちゃんと乗れるようになれば、間隔が空いても大丈夫。キチンと乗れるようになるまで、集中的に練習すること。複数プレイも同じです。できるようになるまでは、毎週1回かそれ以上のペースで、間隔を空けずに。プレジャーでも、このアドバイス通りにした男性メンバーは1ヶ月以内でほぼ克服。半年(12回)かかるのは、のんびりペースの人。できるようになれば楽しいのに、入口で挫折するのは残念なことです。まずは、集中して参加。早く慣れて、第一関門を突破してください!

 

元ネタ 複数プレイのコツ(その1) 複数プレイのコツ(その5)


関連ページ

はじめに | SEXのコツとテクニック
「気持ちいい?」って聞かないで
ローションは必需品!
痛くしたら、終了!
奥まで突かないで!
激しくするのは最後だけ
深爪は必須、指ピストンはNG!
潮吹きって、いいの?
女性経験人数について
ペニスの大きさについて
早漏について
ルックスについて
自信について
Hのマニュアル
スキル・アップ
連射インターバル短縮法
「おねだり」されてますか?
「おもてなし」の心
精神的快感は絶大
さわり方 皮膚への力加減
さわり方 粘膜への力加減
さわり方 局部以外の場所
さわり方 局部&くすぐったい対策
さわり方 使用部位と同時多方面
舐め方 使用部位と加減
舐め方 耳・首・首筋
舐め方 肩・腕と自習の重要性
舐め方 お腹・背中
舐め方 お尻・脚
舐め方 大切な場所
指技 準備段階
指技 偵察段階
指技 清掃作業
指技 ポイント・サーチ
指技 半力モード
指技 通常モード
指技 コンビネーション
P挿入 硬度可変スキル
ペニス挿入 初回挿入
体位 女の子に喜ばれる体位
体位 ポイント・サーチの体位
体位 正常位での提案
体位 後背位(バック)での提案
体位 騎乗位での提案
体位 その他の体位
開発 Hの相性
開発 イクという状態
開発 イケるポイント【探索】
複数プレイのコツ その2
複数プレイのコツ その3
複数プレイのコツ その4