さわり方 皮膚への力加減 | SEXのコツとテクニック

さわり方 皮膚への力加減

やさしくスタート。様子を見ながら少しずつ

 

さわり方の基本はソフトにスタート。様子を見ながら、少しずつ、少しずつ出力追加です。
昔の新人男性メンバーの話。私と組んでのデビュー戦、いきなり女性の胸を「ワシづかみ」もう、びっくりしました。(何しとんじゃ、コイツは!)彼は入会時の女性経験が一桁。「いままでの彼女は、みんな胸を強く揉むと喜んだんですぅ」とのこと。女性は一人、一人、好みの強さが違います。「強いと痛くなる女性」もいれば「強い方が感じる女性」もいます。乏しい経験で女性の好みを決めつけてはいけません。
中の感じるポイントを探すことに比べれば、好みの力加減を探すのは簡単です。ゆっくり・やさしく始めて、女性の声や体の反応に注意しながら、少しずつ。ちょっと強めにする時は「痛くない?」と聞きながら。ガスコンロで言えば、トロ火 → 弱火 → 中火 → 強火 のイメージいきなり、中火や強火では爆発(痛く)する可能性が。
【皮膚の部分の力加減】
力加減【最弱】(トロ火)は「フェザー・タッチ」肌に触れるか触れないか、表面のうぶ毛だけをなでるイメージ。
力加減【弱】(弱火)は「なでる」肌にやさしく触れて触れた状態でゆっくりと滑らせる。
力加減【中】(中火)は「強めになでる」「爪を使う」なでる+少しだけ圧力。爪は引っ掻くワケではなくて、爪全体の硬い部分でなでるイメージ。
力加減【強】(強火)は「押す」「揉む」ツボを押したり、胸やお尻を揉んだり。
まずは、自分の体で「いろいろ試してみる」ことをおすすめします。意外と重要なんです。これ。男が「自分にフェザー・タッチ」他人に見られたら、単なる変態ですが(笑)「女性がどう感じるのか?」を知るための自習です。この陰の努力の積み重ねは、必ず結果【女の子の笑顔】につながります。胸は「強く揉まれるのが好き派」と「揉まれたら痛い派」に分かれます。プレジャーでは参加女性に「揉まれるのは好き?」って聞いちゃってます。
複雑なのは、場所によって「力加減」の好みが変わること。耳は【最弱】胸は【弱】太ももは【中】お尻は【強】とか、わき腹は【最弱】腕は【弱】肩は【中】胸は【強】とか・・・さらに開発の進行具合によっても「力加減」の好みが変わります。一人一人違う。さらに、同じ女の子でも毎回違う。女性とは何と繊細で複雑で奥深いのでしょう。こすれば発射の男は「アホ」に見えてきますね。σ(^◇^;)私も男ですが

 

元ネタ さわり方(その1)


関連ページ

はじめに | SEXのコツとテクニック
「気持ちいい?」って聞かないで
ローションは必需品!
痛くしたら、終了!
奥まで突かないで!
激しくするのは最後だけ
深爪は必須、指ピストンはNG!
潮吹きって、いいの?
女性経験人数について
ペニスの大きさについて
早漏について
ルックスについて
自信について
Hのマニュアル
スキル・アップ
連射インターバル短縮法
「おねだり」されてますか?
「おもてなし」の心
精神的快感は絶大
さわり方 粘膜への力加減
さわり方 局部以外の場所
さわり方 局部&くすぐったい対策
さわり方 使用部位と同時多方面
舐め方 使用部位と加減
舐め方 耳・首・首筋
舐め方 肩・腕と自習の重要性
舐め方 お腹・背中
舐め方 お尻・脚
舐め方 大切な場所
指技 準備段階
指技 偵察段階
指技 清掃作業
指技 ポイント・サーチ
指技 半力モード
指技 通常モード
指技 コンビネーション
P挿入 硬度可変スキル
ペニス挿入 初回挿入
体位 女の子に喜ばれる体位
体位 ポイント・サーチの体位
体位 正常位での提案
体位 後背位(バック)での提案
体位 騎乗位での提案
体位 その他の体位
開発 Hの相性
開発 イクという状態
開発 イケるポイント【探索】
複数プレイのコツ その1
複数プレイのコツ その2
複数プレイのコツ その3
複数プレイのコツ その4