体位 騎乗位での提案 | SEXのコツとテクニック

体位 騎乗位での提案

騎乗位4パターンでの提案

 

【一般的な騎乗位での提案】
一般的な騎乗位は、女性が正座の姿勢で男性にまたがる体勢。この体位は、女性が好む場合には良いのですが、男性が下から責めるには不向きです。女性が動いてくれるなら、男性は女性の動きに軽く合わせるだけでれば良いのですが、女性が動かない状態だと、上に乗られているので、ピストン運動が難しい。男性から責めるなら、女性の腰を両手で支えて前後に動かします。ピストン運動による摩擦では無く、中の壁を押す形になります。感じるポイントに当たれば、喜ばれるます。反応が悪ければ、別の体勢に変えましょう。
【変形その1】
女性に上半身を前に倒して、男性の方の横に手ついて上半身支えてもらいます。同時に腰を少し浮かせる感じに。
これなら、男性はピストン運動で責めることができます。また男性は両手が自由に使えるので、片手でクリトリス、片手で乳首を責めることができます。問題は腰の位置調整が後からでは難しいこと。開発済の女性なら気にしなくて良いのですが、感じるポイントの狭い初心者女性だと、当たらなければ気持ち良くありません。他の体位でポイントの位置を把握して、女性を上に乗せる時に前後位置を調整する必要があります。
【変形その2】
女性に上半身を後ろに倒してもらって、男性の膝の横に手をついて上半身を支えてもらいます。
感じるポイントが浅い位置、クリトリスの裏側にある場合に有効です。また、クリトリスがむき出しになるので、目視しながら周辺部も合わせて刺激しやすくなります。長時間は女性の手が疲れるので注意しましょう。
【変形その3】
女性に上半身を倒して、男性の上に覆いかぶさってもらいます。男性は膝を立てて、腹筋と膝のバネで動きをコントロールします。上半身が密着するので、クリや胸は刺激できませんが、腰骨、背中などを開発するのは最適な体位です。挿入中は普段「くすぐったいだけ」の場所が「性感帯」に変わることが多いです。たくさん、さわって開発してあげましょう。また、ある程度、感じている(=反応が良い状態になってからが有効)両手を女性のお尻の下にあてて、お尻のお肉をPに向かって押します。摩擦が大きくなりますので、より中で感じてもらうことができます。締め付けが強烈になりますので、男性には耐久力が必要。また、片手の指2本でアナル表面をなでると、喜ばれることがあります。(嫌がったら、すぐにやめて)男女とも疲労の少ない体位ですから、じっくりと中を開発するのに、おすすめです。
【足腰の強い女性なら】
女性に和式トイレにまたがるのと同じ姿勢を取ってもらいます。
膝のバネを使って、奥までガンガン責められる体勢ですが、初心者女性には向かないかも。
【女性が動く場合の注意】
騎乗位は女性が自分で動きやすい体位です。男性はじっとしていても良いのですが、喜んでもらうには、「女性のタイミングに合わせて」自分も動きましょう。バラバラに動いても気持ち良くなりません。女性とは逆方向に合わせます。
女性が下から上に動く時【↑】男性は下へ動きます。【↓】

女性が上から下に動く時【↓】男性は上へ動きます。【↑】
こうすると、摩擦が倍増するので、気持ち良くなります。
もし、同じ方向に動いたら、摩擦が減少しますから、動く意味が無くなります。
気をつけたいのは、女性が上へ動く時。動きが大きすぎて、抜けてしまうと大変。挿入していない固いPの上に女性の下半身が落ちてきて、「ぐしゃ」っと。かなり痛くて、しばらく使用不能になります。ご注意を。

 

元ネタ 体位(その6) 騎乗位での提案


関連ページ

はじめに | SEXのコツとテクニック
「気持ちいい?」って聞かないで
ローションは必需品!
痛くしたら、終了!
奥まで突かないで!
激しくするのは最後だけ
深爪は必須、指ピストンはNG!
潮吹きって、いいの?
女性経験人数について
ペニスの大きさについて
早漏について
ルックスについて
自信について
Hのマニュアル
スキル・アップ
連射インターバル短縮法
「おねだり」されてますか?
「おもてなし」の心
精神的快感は絶大
さわり方 皮膚への力加減
さわり方 粘膜への力加減
さわり方 局部以外の場所
さわり方 局部&くすぐったい対策
さわり方 使用部位と同時多方面
舐め方 使用部位と加減
舐め方 耳・首・首筋
舐め方 肩・腕と自習の重要性
舐め方 お腹・背中
舐め方 お尻・脚
舐め方 大切な場所
指技 準備段階
指技 偵察段階
指技 清掃作業
指技 ポイント・サーチ
指技 半力モード
指技 通常モード
指技 コンビネーション
P挿入 硬度可変スキル
ペニス挿入 初回挿入
体位 女の子に喜ばれる体位
体位 ポイント・サーチの体位
体位 正常位での提案
体位 後背位(バック)での提案
体位 その他の体位
開発 Hの相性
開発 イクという状態
開発 イケるポイント【探索】
複数プレイのコツ その1
複数プレイのコツ その2
複数プレイのコツ その3
複数プレイのコツ その4